コウメイぶろぐっ!

頭わるいこと言います

留年

留年するんすよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだ参ったか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(なにが…?)

 

 

 

 

 

 

 

留年の経緯

院試就活全落ちしたんですけど〜あ、知ってますか

 

院試就活全落ちするとこんな大変なんすね〜なんていうかもうちょいなんとかなるんかと思ってましたわ正直

 

まぁ院試就活全落ちするのも当たり前で高高高高高望みしてるところばっかり受けてたからしかたないんですけど

 

大学受験の浪人と大学院受験の浪人ってもう全然扱い違うんですよ、僕がそれに気づいたのは秋くらいになってからなんですけど

 

大学受験はもうはっきり言って何浪してても別によくて、大学に入って学ぶことが大事だからですね

 

でも院の浪人はまじやば、たった1年でもやば、やばば∞

企業的には 「なんで院とか全落ちしてんの?受かってて当然っしょ、そも落ちるやつ無能しかおらんやん」って感じで大学院からは 「で?結局学会に何本論文通したの?」 って感じ

 

当然僕には知識をカバーできる圧倒的技術力もないし、論文一本も書いてないしで、もうカスカスカスカスのカス

 

大学に籍があるってのがマジで強力、言い訳もいろいろできるし頑張りゃ論文も通せるし空白期間は一応できないわけだし

 

色んなブログにも書いてあるけど日本(世界?)ってほんと一度でも社会のレールから外れた人にめちゃくちゃ厳しいんすね、たった1年ですよ、1年。たった1年外れるだけでコレ。ビビる

 

1日で担当教員とボスとキャリアセンターで3人の先生と進路の話しないとだったりで流石にメンタル磨り減ったね、特に留年するかしないかで悩んでた時はそれしか頭になくて精神によろしくなさすぎる

 

まぁべつに今からでも全然卒業できるし全然就職もできるんですけどね

 

研究の話

僕も研究してこなかったわけじゃないんすよ(ラボメンに比べたら全然してなかったけど)

 

っていうのも僕研究テーマが10ヶ月で7回変わって(笑)

 

7回って(笑) 普通多くても1回だよ(笑) しかも7回変わって論文0って(笑笑)

 

まぁ7回変わったのも僕が無能故なんですけどね

 

 

1個目のテーマは去年の3月にサーベイして考えた「VN下におけるブロックチェーンの適用」ってやつだったんすよ

 

VNってのはVehicler Networkの略で、簡単に言えば自動車が相互で繋がってるネットワークのことで、そのVNにブロックチェーン適用して速度違反とかのイベントを発見してチェーンに保全するアーキテクチャを提案しようぜってノリ

 

昔仮想通貨で含み益100万を0にしたのでブロックチェーンはちょっと齧ってたからブロックチェーン関連のことがしたかったんですよ

 

なんでVN?って感じだけどうちの研究室、というかうちのグループはネットワーク研究室と言っておきながら車載セキュリティ研究室なので車載ネットワークのことしないといけない感があるんですよね

 

そんなこんなでサーベイしてたんですけど評価をどうしようかで悩んで

 

あ、論文読んだことがない人は知らないかもだけど論文って3つの要素が必須なんですよ

 

1つは新規性、これがめちゃくちゃ腹たつやつなんだけど、研究は絶対に新しいことじゃないといけなくて、たとえば今までは精度90%だった異常検知が93%になったぜ!とか、今までに提案されてないアルゴリズムとかプラットフォームとか考えたぜ!とか今までは提案だけだったアイデアを俺は実装したぜ!とか

なんらか新しいことをしないとダメ、でも先行研究があったとしてどうやって調べればいいの?

それは気合

 

2つ目は再現性、STAP細胞はありまぁすって言ってじゃあSTAP細胞作ってって言われて作れません><じゃダメってこと

 

3つ目は有用性とか妥当性とか、いくら新規で再現できても社会的に、研究的に意味なかったらダメだよってこと。例えば音ゲーくっそうまくなる研究するぜ!とかは音ゲーがeスポーツとして認められれてればいいけどただの娯楽ならあかんってこと

 

んでまぁ有用性とか示すために評価がいるんですけど評価どうやろうかで悩んでゼミでぽろっと「いやぁブロックチェーンむずいっすね」って言ったら「難しいようだったら別のテーマやらない?」って担当教員に言われたんですね

 

で、その別のテーマってのが「機械学習を用いてドライバーの状態を推定する」ってのだったんですよ、これが2個目のテーマ、6月くらい

 

先生がいうには研究室で機械学習のテーマやってたんだけど引き継ぐ人がいなくなっちゃったから機械学習を引き継いでほしいってことだったんだけど、先輩の開発環境もあるからってことでオーケーしたんですよ

 

このころの僕は機械学習の機の字も知らなかったんで1ヶ月くらい1から機械学習を勉強してました。きかいがくしゅーとでぃーぷらーにんぐってなにがちがうんー?って感じだった

 

んで今思えばこのテーマ実現できるわけがないんだけど当時の僕は頑張ればできると思ってやってたんですよ、1日13時間くらい(ラボメンはもっとやってた)

 

このころの僕は世の先生は評価が出るとだいたいわかってるテーマを学生に卒論書くための研究テーマとして投げてるんだと思ってたんですけどそんなことはなくて

先生は研究室のテーマが続けばそれでいいんですね、テーマが客寄せ(B3)にもなるし論文出せば科研費はおりるしで、だからあんまり深く考えずになんかいけるんじゃね、知らんけどくらいでテーマ投げてるんですよ

 

んで、機械学習うなうなやったんですけど当時の開発環境でこのテーマはどうやっても実現できないってのがわかったのが夏休み中旬くらい?で、どうしようってなった

 

話は逸れるけど夏休みの研究は特に辛いですよ。図書館も売店もやってないし周りなんもないし後輩はいないし楽な研究室のB4もいないしで死ぬほど寂しい

 

ちなみに途中で大学行くお金がなくなって研究室のバイトがてら3つ目のテーマもやってました、それが「車載情報の可視化」で、なんかイケてるソフトがあってそれ使って車載情報可視化して研究室の一助になってよみたいな感じだった

 

でもこれも圧倒的な車載情報量を前にソフトがリアルタイムで可視化できなくて評価でないねってなってやめた、1ヶ月くらいやった

 

ちなみにこのころ就活と院試の一次落ちた、周りは8割くらいの人が進路決まっててテーマも決まってた、進路よりテーマ決まらない焦りがやばくて「え?3月から研究してるとかすごいなぁ」って言ってたみんながもう評価が出るとわかってるテーマ決まって、僕はまだどうしようどうしようなってたんですよ。それで大学にも人はいないし、親とは音信不通になるしでもうめちゃくちゃめちゃくちゃだった、くそしにたかった

 

そんで機械学習はやらないといけないからテーマどうしようって感じでだんだんと全体ゼミって研究室の全部のグループが集まってやる月一のゼミでも僕が発表する番になると(あいつ大丈夫かよ)みたいな空気になりだしてゼミもでたくなくなってきた、土砂災害のせいで新幹線通学にはなるし往復5時間かかるしもっとはよ来いって言われるしほんまに大学行きたくなかった、行ってたけど

 

機械学習関連ってことで「機械学習を使ったECUの特定」ってテーマを自分で考えてやってた、これが4個目

 

ECUってのは自動車の内部でメッセージ送受信してるやつでなんかどのECUがどのメッセージ出してるか特定できたら嬉しいんですよ

 

でこれを全体ゼミでやりますよ〜やるやるって言ってたんだけどなんか実現できなさそうだし無理くね?って結構言われてやめた、機械学習なんもわからん

 

そんで気付けば夏が終わって周りは卒論書くか〜ってなってるんですけど僕はまだテーマ決めるか〜で笑っちゃってた、毎日進路どうするのって聞かれてたけど自分でもわかんなくてどうしようだった

 

5個目のテーマは「ディープラーニングを用いた車載トラフィックの異常検知」っていうもう絶対誰かやってるだろ的なテーマ

もともとネットにタイタニック号の乗客データからその乗客が生き残ったかどうかを推定するってプログラムが転がってて、それを車載データが異常か推定するってプログラムに改造したんですよ、で一応精度も92%はでたんだけど先生に「なんでタイタニック号の話が車載の異常検知になるのかわからない」って言われ続けて、いやここをこう改造して車載の異常検知にしたんすよ、精度も92%はでます。って言い続けたんだけどピンとこないって言われて無しになった。

 

そして6個目のテーマは「DCGANを用いた車載トラフィックの異常検知」

DCGANってのは自動で似たような画像を生成できるディープラーニングの一種で、車載情報を画像化してそれを食わせて異常検知しようぜってノリのテーマだった

これは見学したCSSって学会でDCGANでネットワークトラフィックの異常検知してた人のパクリ

 

んでやってみたんだけど途中でAnoGANっていうもっと異常検知に特化した機械学習のモデルがあることを知ってテーマを「AnoGANを用いた車載トラフィックの異常検知」に変えたんですよ、これが7個目

 

それでいざ実装してみると全然異常検知されなくて有用性ないからダメだねになった

 

あと院試の2次落ちた、大学院の先生に「一次でこの点数なら受かってた」って言われた

 

そんで11月に先生に「そもそもなんで機械学習の研究してるの?」って言われて心折れて一週間くらい大学行かなかったけど普通に怒られたから行った

 

そんなこんなで99%の社会適合者のみなさんは進路も決まって卒論も目処がついたのに社会不適合者の僕は進路も決まらずテーマも決まらずここまで来ましたって感じですね

 

 

卒論について

卒論なんてはっきり言って一週間で書けるんすよ

 

世にはクソみたいな卒論がたくさんあって「アンケート増やす相手を50人から75人に増やしました!^_^」とか「測定する場所を5箇所から7箇所に増やしました!^ - ^」とか「なんの意味あるんかようわからんけどセンサーつけた!(^ ^)」とか

 

こんなん3日あったらだれでもできるよね、あとはこれを50ページに膨らませてダラダラ4日間で文章にすればほら、一週間で卒業できるやったね!

 

でもね、卒論なんてクソでいいんですよ、なんでかって卒論なんて誰も評価しないから

 

なんでB4が月〜金まで毎日フルコマある卒業研究なんてやらされてるか知ってますか?それは大学院で研究するための練習をするためなんですよ

 

言うならばB4の研究が卒業式の予行演習で修論が本番って感じ

 

卒業式の予行演習頑張っても先生がじゃあ頑張ったんで終わり!っていうだけで誰も評価してくれないですよね。それと一緒で卒論なんて自己満、将来研究したい人は頑張った方がいいねって感じ。

 

論文はね、学会に出したり論文誌に載らないと意味ないんですね。早い話研究したけど失敗した!を卒論に書いてもいいんですよ

 

だから僕は充分卒論は書けるし先生のコネで就職もできるんですけど…なんで留年するんだろうね

 

 

後輩へ

B4が留年するのとB3が留年するのはもう全然ちがくて、B3は1年間自由だけどB4は研究室がついて回るから絶対に自由になれない。1年間やりたいことなんてできない。論文をたくさんかかないと大学院には受からない。技術を磨かないと希望の就職先には行けない。

だから時間が必要ならB4になる前に学期が変わるタイミングで休学しようね。学費振り込んだ後や学期始まって一週間経過したらもう無理だから。

 

研究室だけはまじで慎重に選ぼうね、担当教員はいい人だし僕は別に今の研究室で後悔してないけど研究室はB3が思っている以上に大事だよ

 

今まで先生でしかなかった人が担当教員になるのはもう全然レベルが違くてともすれば一生もののなかになることもあるからね、あの人はあの大学のあの研究室であの指導教員が一生残るからね

あと先輩がいない研究室はキツイよ、ほんと、僕は先輩が研究の話で通話付き合ってくれたりしてくれたから本当に助かったけどあれがないと本当にきついと思う

 

あと友達で研究室を選ぶなってのは大嘘でラボメンと仲良くなれないと不登校まっしぐらだからパリピ陽キャうぇ〜い!研究室じゃ多分生き残れないと思う。僕は知り合いいなかったけど仲良くなれて幸運だった

 

あと学歴フィルターはあるけど技術力がやばになると無くなるよ、でも大学院にはバリバリあるよ

 

それと受験するときに研究室見学は絶対に行こうね…1次の前には…

 

あと交通費でるインターンシップで旅行行こう

 

あと受験するならTOEICは頑張ろう、僕も全然人のこと言える点数じゃないけど。旧帝うけるならだいたいTOEFLがいるよ

 

 

終わりに

僕は今8個目のテーマ振られて研究してるよ

4月から休学するね

自己紹介

コウメイって誰だよって方に向けた隙自語です

 

 

自己紹介します

 

 

まず人生ですが、アイカツです

 

 

・・・

 

 

いやちょっと待ってください

 

 

言いたいことはわかります、「アニメが人生とか言っちゃう男の人って・・・」「ていうかアイカツって・・・」ですよね!

 

 

僕だってね・・・アイカツ見るまではそう思ってたんすよ・・・アイカツ見るまではね・・・「【任意のアニメのタイトル】が人生って言っちゃう人って・・・」って思ってたんすけど、でもねアイカツ見たら気づいちゃったんですよ

 

 

 

 

あ、アイカツより大事なことってなにも無いなって

 

 

 

 

なのでアニメ「アイカツ!」はdアニメストアで全話配信中!178話+劇場版を見て人生をアイカツにしよう!

 

 

 

 

 

ということで自己紹介も9割終わりましたが残り1割のどうでもいい情報も一応書いとこうと思います

 

 

 

 

ステータス

名前:コウメイ

年齢:22歳(2018/12現在)

大学:広島市立大学B4

TOEIC:雑魚

センター:2,3割

ぷよぐやみんぐ:できない

数学:なんもわからん

病気:鬱病心因性ED

院試:全落ち

編入:全落ち

就活:全落ち

進路:留年

住所:不定

貧民 ドマゾ 内股 キモオタ 百合豚 50m走8秒台・・・

 

ゴミじゃん

 

 

 

経歴

Fラン高校→Fラン大学

関係代名詞もlogxの積分もわかんなかったけど受かりました

 

 

 

好き

アイカツ

プリキュア

・マスタールールまでの遊戯王

DEATHNOTE

THE IDOLM@STER

・すみっコぐらし(ぺんぎん?)

・ゲーム(1500個もってます)

・漫画(5800冊持ってます)

平沢進

・ネコ

・甘い食べ物

 

 

 

 

お知らせ

常に愛に飢えています、なので愛をください。愛に敏感なので愛のするほうに寄っていきます。愛で懐きます。最上級の愛の形は心中と心得ています。

 

 

 

 

これだけ書けば僕と仲良くしてくれますよね。仲良くしてね。

CSS2018を全通しました

どうもこんにちは、院試就活全落ち借金64マン(2018/10/30現在)です

大学がお金を出してくれるというのでCSS2018に行ってきました。
早期卒業したおおヒランゴスタや、CTF4Bで知り合ったはいひるさんも発表されるということで、結構楽しみにしながら広島から長野まで7時間かけて移動しました。

 

折角4日間も長野にいたので僕は特に発表もなにもしてないんですけど一応CSS2018体験記ということでブログにまとめておこうと思った次第です。

 

まず1日目ですがもう眠くて眠くて、21日は始発(5:17)の電車に乗ったんですけど一睡もせずにHUGっと!プリキュアを見ていたせいで特急しなのに乗っている最中ははちゃめちゃに吐き気に襲われました。

 

いや~それにしてもHUGっとプリキュアですね。

 

f:id:koumei88888888:20181030172745j:plain


もう「え~!来週昔のプリキュアもでるからHUGプリ見なきゃ~」とか言ってる場合じゃないっすよ。

 

散々言われてるけどHUGプリはもうプリキュアじゃない、というか今までのプリキュアとは明らかに違うんですよ。
いやもちろん今までのプリキュアも充分面白いんだけどこれまでのプリキュアに無い(あるいは薄くて)HUGプリに有る(あるいは濃い)要素が大きく2つあって

 

1つ目は悪く言えばアニオタ向け、よく言えばターゲットとしている年齢層が高いということ。
例えば「変顔」であったり「急な劇画調」であったり「画面にでっかい文字が表示される」「パロネタ(ののわ)」など、これまでプリキュアになかったある種深夜アニメのノリ的な表現が多く取り入れられていて最近のアニメを強く感じさせるので、アニオタがプリキュアに入門するのに最適だと思われます。

 

f:id:koumei88888888:20181030173328p:plain

例えばこれは架空の番組をさも新番組のように謳っているよくあるスピンオフネタです(もちろん”えルっと!プリキュア”の放送予定はありません)(放送して)

これはアイカツ!にも見られたネタで、深夜アニメに限らず汎用的なネタにはなりつつあります。

 

f:id:koumei88888888:20181030173545j:plain

これはもうどうあがいてもプリキュアじゃないでしょ、小学生がギターを弾いているという状況もさながら、”ギュイーンとソウルがシャウトするのです”というまるで子供にはわからないキャプションに加え深夜アニメにありがちな画面にキャラとでっかいセリフというこれだけ見たら絶対にプリキュアだと(ていうか前後を見ても)わからない表現です。

 

f:id:koumei88888888:20181030174225j:plain

上記の回のエンドカードからも極めて「最近のアニメ感」を感じます。

 

2つ目はメッセージ性が強いということ。そもそもメッセージ性の強さは女児アニメ全般に言えることで、それは何故かというと女児アニメの目標の1つに最も影響を受けやすい、人格形成の時期にある女児が見るアニメという性質に所以してます。つまり従来の女児アニメは視聴することで優しさや無償の愛といった人生に大切なことを学べるコンテンツでした。
HUGプリはその性質に加えてジェンダーレス労働環境、自己決定・自己実現といった類のテーマを取り上げて多種多様な価値観を受け入れることを善とすることを徹底して意識しています。


例えば主人公のキュアエールが強敵に対峙した際に、良い感じの力が働いて目の前にくっそ強い武器のメロディソード的なのが出現するんですけど、キュアエールは「私は敵を痛めつけたいんじゃない救いたいんだ」という想いを再確認した結果、剣が形状を変えてステッキになり、敵の悪の心を浄化させる攻撃を放ち倒すという結末を迎えます。これは「敵の更生を応援したい」というキュアエールの価値観を反映させた戦い方を描いています。

 

他にも
・敵が所属する会社をやめてyoutuberに転身する
・着たい服を着ると宣言してドレスを着た男が旧時代的な考えの男を一蹴する
・敵の光落ち
・いかにもプリキュア覚醒シーンなのに過去のトラウマが蘇ってプリキュアになれない
などの描写があります。
強いメッセージ性はキャラの感情の強度に繋がって結果として視聴者の感動を誘うことに貢献しています。

 

それにHUGプリは表現がずるい。友達を元気づける為に作った曲を1話限りでエンディングテーマに使ったり、典型的だけどロボに感情が芽生える展開とかこんなんプリキュアでやって泣かないわけがないじゃん

 

 

HUGっとプリキュア、本当に面白いし感動できるのでふたプリ見てるとか見てないとか抜きにしてぜひ見てみてください。そして10/27から全国でHUGプリの映画がロードショーされます。また来年の1/19,1/20は15thプリキュアライブがあります。

プリキュアはちょっとなぁ...」と今まで敬遠していた方もHUGっとプリキュアなら1~2クールアニメのように気軽に見れるので、これを機会にプリキュアに入門してみませんか?
(あとアイカツも)

 

 

f:id:koumei88888888:20181030180701p:plain

 ちなみにHUGプリはエンディングテーマで「人はみないろいろな可能性を秘めている=いろいろな職業に就ける」という前向きな歌を歌っているんですが、エンジニアと研究者を挙げた途端こうなります。

 

 

 

P.S

プリキュア15周年記念映画『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズモリーズ』を見ました。歴代全シリーズのプリキュア戦士が声付きで、しかも全シリーズの回想、バトルシーンでOPがオーケストラ調で流れるなど、最最最最最最最最最最最最最最最最最最高な映画でぼろぼろ泣いたので、是非ふたりはプリキュアふたりはプリキュアMaxHeartHUGっとプリキュアあたりを視聴したら見てみてください。

 

転売は発生する

f:id:koumei88888888:20180930054009j:image

こんにちは、驚愕する大空あかりとかいうクソ垢を持ってます。

 

前回地方民の嫉妬というか嘆きというか稚拙な文章をつらつらと書いたので「地方民乙wwwww」と思われたみなさんにつきましては都民が羨ましいばかりです、僕は田舎を愛してますが。

 

 

 

さて、本記事の本題ですが転売とは何かを浅学ながら思う限り探っていこうと思います。転売は悪、それはその通りですがなかなか深めると難しいのが転売という問題。そこにはいったいどのような性質が隠れているのかを一緒に探ってみましょう。

 

 

 

転売のメリットとデメリット

転売に付き物な性質、その一つに善悪を問うというものがあります。善悪をはっきりさせたい時はまずメリットとデメリットを書き出すに尽きるでしょう。倫理的・道徳的な価値観を考慮するのはその次です。

 

メリット

  • 会場限定商品の場合、都合がつかずに会場にこられなかった人が割高で商品を手に入れられる
  • 当該商品を販売する企業や転売に必要なサイト、アプリ運営への利益に繋がる
  • 本来より大きなお金が動く

 

デメリット

  • 会場限定商品の場合、現地まで訪れたにも関わらず購入できない人が発生する可能性がある
  • 転売者1人に利益が集中する
  • 転売行為の成立が販売者の信用の低下に繋がり経済活動が緩慢になる

 

 

まとめると転売のメリット・デメリットには2つのマクロな視点があります。

  1. 経済活動の観点
  2. 商品の分配

 

まず1について、しばしば転売は経済活動の観点から考えて善か悪かといった議論がなされます。これには多くの善の主張や悪の主張があり当記事で判断は出来ないのが正直なところです(ただでさえ僕は経済学部ではなく情報科学部なので)。経済活動の観点から探る転売の善悪は経済学者の方たちの客観的証拠に基づいた確かな理論による回答を期待しましょう。

では2はどうでしょう、これは買えなかったやつは自業自得ととるかどうかという問題に言い換えられます。

 

転売屋はある意味、個人輸入業に似ています。個人輸入といえば孤独のグルメのゴローちゃんなんかもそうですが、海外の商品を輸入し、価値の違いを利用して日本で売買することで利益を得る職業のことを言います。ここで“海外”を“現地”、“価値”を“相場”と置くとどうでしょう。

転売屋とは「現地で購入したものを相場の違いを利用して売買する人たち」のことと(とりあえず)言い換えられます。当たり前と言えば当たり前ですが大切なポイントは、行為だけで言えば転売屋と同じことをしている個人輸入は(一般的に)認められているということです。

ではなにが転売を悪たらしめているか、それは個人輸入業者が買う物は恒常的に購入が可能な物転売屋が買う物は数(時間)に限りがある物だという点が違っているからです。つまり商品の数に限りがあるから転売は悪とみなされるという結論が導かれます。

 

はいそうです当たり前のことを言うのに長々と時間をかけました。ここからも当たり前のことを言うのに時間をかけます。

 

では何故、商品の数に限りがあるという違いだけで「転売」と名称が付き、悪とみなされるか、ここでとうとう倫理的・道徳的な問題を考慮に入れます。

 

 

 

転売のミクロな問題

先ほどは経済活動全体を考慮したマクロな考えを展開しましたが、道徳的つまり感情が介入することもあり、ここからはミクロな問題を考えます。

みなさんわざわざ移動費と時間をかけて現地まで行ったのに転売屋の買い占めのせいで欲しかった商品が買えなかったら腹が立ちますよね?はたまたその日の22時に更新されるWEBページからのみ購入できる数量限定の商品を転売グループがマシンパワーを利用して一斉に購入したら、同じく腹が立つでしょう。

ではこれらの例のなにが問題なのか列挙すると

  1. 移動費や時間といったリソースの損失
  2. 商品が手に入らず腹が立つ

の2つが挙げられます。

 

まず1ですが、購入の意思を持って行動した者が損をして、行動をせずに転売屋から購入した者はリソースを消費せずに済むという不平等から生じる問題です。(行動しなかった者は割高で買うことになるのである意味過剰にリソースを消費しているのではという意見がありますが、これは行動した者についても同じ条件なので相殺されます)

これはもう明確に悪だと言える一根拠でしょう、転売屋が善意の購入者に損をさせているわけですから。

 

では2はどうでしょう、転売屋がいなければ行動した人は確実に商品を手に入れることができます。逆に転売屋がいなければ行動をしなかった人は商品を手に入れることができないとも言えます。

つまり前記したように買えなかったのは自業自得ととるか否かかという問題に帰着します。

実際に自業自得かどうかは種々の状況に依存しているので一概にはなんとも言えません。例えば幕張メッセで2日間しか買えない物販があった時、来なかった人が買えなかったのは仕方ないことのように多くの人が感じるでしょうし、台風等の災害で一部の人の幕張メッセ行きがキャンセルされてしまった場合は同情の余地を孕むでしょう。

 

 

 

とりあえずのまとめ

  • 転売は商品の数に限りがある状況下で起こる
  • 転売屋が善意の購入者に損をさせる場合がある
  • 買えなかったことが自業自得と取られるか否かで転売への善悪の考えは(恒常的にあるいは一時的に)変わりそう
  • 転売の経済的な善悪については(少なくとも浅学な僕の知り得る範囲で)明確な結論がなされない

 

いやーまとまった(?)まとまった(?)。ほんまにまとまってるか?それ本当に言い換えていいのみたいな部分とか帰着させていいのみたいなとこ多くない?きっと多い、それに文が長い。

しかも残念なことにここまでは前置きで本記事の主張はここからです。よければ最後までお付き合いください。

 

 

 

 

 

転売は何故起こるかv1

そもそも何故転売などという悪の(勝手に悪と決めつけました)所業が起こるか、僕は心理学を学んだわけでも人間行動学を学んでいるわけでもないので当てずっぽうな意見を述べます。

 

それはシンプルにお金が稼げるからです。終わり。

 

 

 

 

転売はなくならないの?

転売はなくならないのかという問題を考えるにあたり転売の対策という観点から探ります。

おそらく転売反対派であろうみなさんは口を揃えてこう言ってきたでしょう、「転売屋は○ね」「転売屋から買うのはやめましょう」「転売○すべし、慈悲は無い」。はっきり言うと人々の良心に訴えかける対策はナンセンスだと思います。いえ、全く効果がないとは言いません、それに正しいことだとも思います。ただ、良心に訴えかける戦法を主戦法とすると、期待される効果は低いと思われます。

 

“なぜ”、ももう言い飽きてきましたが、なぜ良心に訴えかける対策はナンセンスか、それは前記したように転売屋の目的が金を稼ぐことだからです

 

人は金を稼ぐことに盲目です、しばしば金を稼ぐためなら手段を選ばなくなります。極端な例を挙げると銀行強盗に「おふくろさんが泣いてるぞ」とメガホン越しに叫んだところで投降はしないということです、銀行強盗が投降するのは警察による武力と法の裁きによる恐怖からで良心の呵責ではありません。また、兵士なんて職業は人を殺すことを許され、仕事として成立しています。愛国心のため兵役に就く方もいるでしょうが生活のために兵役に就く方も当然います。

 

では逆に良心の呵責で行為そのものを止められるケースとはなんでしょうか、例えば復讐による殺人です。動機である復讐心は良心の呵責により霧消させられることが期待できます。また、本人に何の得もない悪戯なんかは、説得することでやめさせることができそうです。

 

さて転売屋はどうでしょうか、転売屋の目的は前述したように金です。そして転売には現状、外部からの武力行使や法の裁きなんて恐ろしいものは何一つありません、せいぜいみなさんにネットで叩かれるくらいです。

 

結局まとめると、金は人を盲目させます。金に盲目した人は良心の呵責を感じにくく、制裁がなければ行為をやめそうにないということです。

 

つまり何が言いたいかというと金が目的でたいしてデメリットもない転売屋が良心の呵責で転売をやめる可能性は低いということです。

 

 

 

 

転売はなぜ起こるかv2

転売はなぜ起こるかv1では「金が稼げるから」と結論づけましたが「転売はなくならないの?」で考察した結果でv1をアップデートしましょう。

  • 金が稼げるから(良心の呵責に苛まれない)
  • たいした制裁がないから(犯罪では無い)

また制裁がないという観点から

  • 転売は容易に実行できる

ということも言えます。

 

 

 

 

転売は発生している

タイトルにもあるように本題の本題はここです。

転売は善悪が曖昧で、容易で、制裁もなく、金を目的として、相場の違いを利用して行われているのはここまで見てきた通りです。

果たしてこれを「人間による行為」と見るのは正しいのでしょうか、相場の差が生じるところに転売あり、そして我々の呼びかけにも答えない、さらには人間の手で制裁ができない以上、それは行為というよりかはむしろ現象です。

転売が人為的に行われていることは間違いありませんが、転売の性質を考えると

 

転売は発生する

 

と考えたほうが自然です。

 

 

 

 

 

転売への対策

転売対策に良心の呵責を用いることはナンセンスだと述べました。また、転売の性質上、転売は現象であり発生していると見ることができることも述べました。では、如何にして転売に対策を講じるべきか、それは現象に対抗することが必要です。つまり

転売が不可能な状況を作り出す

ことに尽きると思います。具体的な策定は本記事の目的とは離れるのでしませんが、制裁を加える、本人確認等が考えられます。

 

 

 

 

結局転売は悪なの?

冒頭で僕は転売が悪だと書きました。ただここまで語ったように転売を悪だと断定するには制度上の問題や販売者の状況、経済学からの視点など様々な要因が絡みます。それらを考慮せずして転売は悪だと言ったところで「私はそう思います」程度にしかなりません。

ただ総合的に、定量的に考えてなんとなく悪の要素の方が多い気がします。なんとなくで決めていいと思います。なんとなく。

 

 

 

 

まとめ

  • 転売は発生する
  • 転売の善悪は僕にはわからない(ケースバイケースなのかも)
  • ただなんとなく悪い気がするのでそれを信じるしか無い

 

 

 

 

以上、昔転売をしていた驚愕する大空あかりでした。反省。

再販をするということ

f:id:koumei88888888:20180913155028j:plain

 

 

もうだいぶ前のことのように感じられますがまずはアイカツ5thフェスお疲れ様でした。まさに三位一体と呼ぶに相応しかった今回のフェスは、武道館に並ぶレベルで満足のいくものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物販以外は!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ということで以降、金欠の限界オタクの妄言が続きます。

 

僕自身かなりアイカツはにわか(ライブ自体も2017MFからの参戦)なのでこのような記事を書ける身分ではないのですがどうしても思うところがあるので愚痴のはけ口として利用させてもらいます。

 

怒りの矛先は公式のこのツイートにあります。

 

 

何を隠そう僕は前日から会場に一番近いホテルを予約して広島から幕張に移動し、朝5時から並んで12時に買えたの民なんですけど、このツイートを見たときは愕然としました。愕然とする大空あかり

 

 

 

みなさんそれぞれ思うところがあると思いますがまずは当日、つまりアイカツ5thフェス1日目の状況を整理しますと

  • 待機列は1000人以上(2000人以上?)、フェス開演の時間になっても待機列の長さはほぼ変わらず
  • 気温32° 直射日光が照りつける
  • 列形成が下手(というと若干の語弊がありますが実際下手だった)で順番抜かしが発生
  • 「会場限定」「再販の予定有り」等の情報は無し

 

僕が争点にしたいのは再販に至った経緯です。

 

会場限定か否か

物販は予定通りAM10:00に開始されました。僕はだいたい待機列の先頭から80人目に位置していました。購入までここから2時間かかったことは前記した通りです。

そして件の公式のツイートが投稿されたのは1日目のフェスも閉園したPM9:05になってのことです。

みなさんご存じの通り物販の体たらくは納得のいくものではありませんでした。一度は待機列に並んだものの途中で離脱した方も少なくなかったように思います。また通販での再販を望む声も多くありました。結果、ファンの声に応えて通販を実施決定。

一連の流れを見るとよくやってくれた公式!と言わんばかりですが、平たい言葉で言うとなんの為の物販だったのと思わずにはいられません。

 

前述しましたが、公式サイト等には「会場限定商品」という表記はありませんでした。しかし、種々の状況から鑑みるに、会場限定だと判断し得るものだったと思います。

まず、着目するのは商品の性質という観点です。

 

商品の性質

アイカツ!シリーズ 5thフェスティバル!!のグッズ一覧にもあるように、物販にはサイリウムやトートバッグなど、極めて限定商品としての性質が色濃いラインナップが見受けられました。

そして一部の商品に見受けられた次のような文言

f:id:koumei88888888:20180913141849p:plain

※<DAY1>にて完売となった場合、<DAY2>での販売はございません。

 これは僕が(これまでの物販の経験に乏しく)浅学なだけかもしれませんが上記の文言からも限定であるという印象を受けます。

また、5thという節目に混雑が予想されることを強調して会場で物販を行ったという状況などから会場限定商品だというイメージを抱き得ると判断できます。

 

ツイートのタイミング

件のツイートが投稿された時刻は前記した通り午後9時を回ってのことです。これは単なる憶測ですが、1日目の物販の悪評を受けて通販を決定したのではないかと思います。

「買えなかった人多いんだし別によくない?」という意見も尤もですが、ここに僕の私念があります。

まず前提として、通販が決まっていたならフェス終了後ではなく予め告知しておけという主張があります。

物販に待機するだけでもあらゆるリソースを消費します、ホテル代・交通費・郵送費・時間・体力・その他いろいろ、予め告知があればこれらの資源を消費する必要は一切ありませんでした待機列に並ぶメリットはせいぜい「早く購入できる」「ジャケバッジ等の交換できる」程度でしょう。チケットを入手することができず、物販だけでもと会場まで足を運んだ人にとってはなおさらです。

 

そもそも通販の告知を隠しておく必要性がありません、予め通販が決定していたなら、当日の混雑具合を受けて、早い段階で発表しておけばよかったんです。ここに、スタッフとオタクとの軋轢やスタッフの方の労力といった問題が発生します。

考えられるのは、通販を事後、決定して初日の悪評をなかったことにするという運営のせこい魂胆です。

なぜ通販により初日の悪評を軽減できるか、そこには以下のポイントがあります。

  1. 買えた人より買えなかった人の方が圧倒的に多い
  2. フェスに参加した人はだいたい都民or東京都周辺に在住している

1についてですが、買えなかった人というのは「物販で販売される商品が欲しかったが初日に購入できなかった人全体」を指します。つまり会場に来ていないツイッターの向こう側の方たちも含めるということです。

当然ながら初日に物販で購入できなかった人は今回の通販に賛成するでしょう。そしてこの通販に否定的な人は初日の早朝から物販に並んだわずかな人だけです。買えなかった人が大多数という現実が今回の判断は英断だったという結果に押し上げています。また、当記事のような否定的な意見を述べにくい空気を作る一因にもなっています。

 

2について、これは客観的証拠はありませんがフェスに参加した人のほとんどは現地民(関東在住)だったように思います。僕のように地方から時間と移動費をかけてフェスまできて物販に並んだ人、つまり一番の不満分子の母数が少ないということが公式の判断を後押ししています。

 

以上、2つの理由から公式の通販決定は、物販の悪評を軽減する働きを担う形になっています。また、会場限定だったはずの商品を恒常的に購入できる状態にしたと見ることもできます。

 

 

再販をするということは

記事のタイトルでもありますが、今回のフェスに限らず再販をするとはどういうことかを考えます。

 

再販が許される状況とは

再販が許される状況とはいったいどのような状況でしょうか、まず想像に容易いのは「限定でもなんでもない商品が品切れしたので再販する」という状況です。

なぜこの場合再販が許されるのでしょうか、それは元々誰でも買える状態にあったからです。

例えばこの商品が通販限定だったとしましょう、わざわざこの商品(アイカツの物販に倣って500~3000円程度としましょうか)を買う為にインターネットを開通させる人は少ないと思います。当コンテンツに興味を持っている人のほとんどは予めインターネット接続できる環境にある、つまり誰でも買うことのできる状態にあるという前提があるからこそ、再販前後で商品の価値が(ほぼ)変動することなく、ごく自然に再販が受け入れられる状況を作り出すことができます。

 

もう一つ考えてみましょうか、「通販で期間限定で発売されていた商品を再販する」ケースです。これもよく見受けられるケースだと思います、しかし賛成・反対様々な意見があるでしょう。

「期間限定で受注と銘打って発売していたのだから再販すべきではない」という意見然り、かたや「転売屋からしか買うことができない人はどうなる」という意見が考えられます。

この場合ですが、「公式がどれだけの量のグッズを用意していたか」「公式が受注数を把握できたか」に依存すると思われます。

例えば公式が1000個のグッズを用意していたのに対して受注が10000件あった場合、1割の人しかグッズを手に入れることができません、当然転売する輩も現れるでしょう。

予想だにしていなかった受注を受けて、再販を決定。個人的にこれは許されるべきだと思います。

一方で、公式も十分受注数を予め把握できていた場合です。予め10000件の受注を予測できていて10000個のグッズを販売した場合、これはもうその時に受注をしなかったのが悪いと言わざるを得ないように思います。「受注期間に知らなかったから俺のために再販してくれ」これはただの我儘と捉えられても仕方ないです。

もっと悪いのは予め公式が受注数を把握できたにも関わらず十分なグッズを販売しなかった場合です。いわゆる品薄商法というやつですね。

 

アイカツ5thフェスにおける再販

さて、長々と話しましたが今回のケースはどうだったでしょうか。まず前述したようにインターネットのような誰でも購入できるという空間は存在しませんでした。少なくとも1日目のフェスが終わる前までは幕張メッセまで来た人にしか購入できない」という前提がありました。

そして公式から幾度となく当日は混雑が予想される旨の注意喚起がありました。つまるところ、ある程度の受注数(ここでは待機人数)は予測できたはずでした。

誰でも買うことのできる前提が存在せず、当日の混雑具合が予想できていた、そして待機列に並んだ人への補填が無かったことから、今回のアイカツ5thフェスでは再販を行なってもよい状況になかったように思います。ていうか公式としてやっちゃダメだと思います。

 

転売対策は?という反論はもちろんありますが、転売対策を全て考慮していたらそもそも会場でグッズなんて販売できないです。入手困難性が価値に直結している以上、ある程度の高騰は認めざるを得ないと思います。また、これについて言及すると脱線するので深くはしませんが、転売対策を人々の良識に任せていること自体がナンセンスです。高騰がある以上そこに転売は発生します。転売は「誰かがしている」ように見えますが「発生している」と表現する方が理に適っています。

 

 

まとめ

  • 会場限定商品を前提としていたのでは?
  • 悪評をかき消すために再販を決定したのでは?
  • 少数意見への対応が不十分では?
  • 再販を決定していい状況になかったのでは?
  • フェス自体は神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりに

後半駆け足になったのでイマイチ論理の帰結が弱いですが概ね僕の言いたいことは以上です。みなさんそれぞれ違った意見があると思いますが意見を含め相手を罵倒するのではなくagree-to-disagreeの議論ができたらいいなと思います。また、再販されてしまっものは仕方ないのでみなさん大いに通販で購入してアイカツの売り上げに貢献しましょう!僕も10万円分買いました。正直これなら中古で買った方がよかったって思うケド・・・

 

 

 

※当記事に特定の個人や団体を誹謗中傷する意図は一切含まれておりません。

SECCONBeginners2018 広島に参加させてもらいました

 

f:id:koumei88888888:20180903223105j:image

 

こんにちは、広島市立大学の悪いオタクことコウメイです

 

 

 

みなさんCTFって知ってますか?かく言う僕も

SECCON Beginners2018広島に参加する9時間前に知ったんですけど

 

 

簡単に言うとウェブサイトやプログラムの脆弱性を突いて隠された文字列を得るという競技です

 

 

 

これは楽しそうだやるしかない!と思い応募した、、、わけではなく先生に参加しろと言われ半ば強制的に参加しました

 

 

 

さて9/1に開催されたSECCONびぎなーず(以下CTF4B)ですが当日僕は午前1時まで研究しててそっから3時間だけCTFの勉強をしただけのクソにわかなんで不安しかありませんでした

stringsとかのコマンドすら知らなかったので3時間でどうこうなるレベルじゃないなと思いながら焦って勉強してました

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903223945j:image

 

 

(ちなみにこれがその日の寝床です)

 

 

 

 

 

 

かなり焦っていますね

 

 

 

 

 

 

 

神経を疑いますね

 

 

 

さてそのCTF4Bですが広島での開催は今回が初とのこと!🎉

その記念すべき会場は

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903224739j:image

 

 

 

なんここ

 

 

 

広島市立大学サテライトキャンパスってどこ??????????広島市立大学に3年半通った僕が知らないんですけど

いやきっと僕が知らないだけで知名度はあるに違いないと思いWikipediaで調べてみたら

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903225019j:image

 

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903225032j:image

 

 

 

載ってないじゃん!

まじでどこだよ!!!

(市電に乗って市役所前で降りた目の前にありました)

 

 

 

ビルの1階にチケット7があったから勝手に僕は広島市立大学チケット7キャンパスって呼んでます

 

 

 

そんな広島市立大学チケット7キャンパスに9:45には着いておけよというお達しがあったのですが

 

 

 

 

 

 

 

ツイート時間10:04(察し

 

 

 

着いて早々担当教員のていうか来るのが遅いよ〜もほどほどに一番前に座りました

 

 

 

 



 

 

この時点でなんかもうリュックが変なやばい奴が来たの空気をひしひしと感じました

 

 

 

10:45までパソコンの準備やVMの準備などをして時間を潰しました

 

そして我々の目の前に現れた本日の司会がイケメンでした、そして謙虚なのかスライドの自己紹介の部分をエンター連打で飛ばしてたんですが学歴コンプの僕は見逃さなかった…

 

 

 

 

所属:東京大学

 

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903232232j:image

 

 

 

 

 

 

 

帰りたい

 

 

 

午前中はCryptとかXSSとかアセンブラの説明でした、詳しくはほかの方の参加記を読んでください

 

 

 

さてお昼休憩になり既にツイッターで繋がった人たちが集まって会話したりしていました

ガチインキャコミュ症の僕は当然ツイッターをフォローしてくれた方との交流などもなくラボメンと一緒にセブンイレブンにMonsterを買いに行きました

 

 

 

 

 

 

 

 

これもうタグ荒らしでは?

 

 

 

さて後半戦はいよいよCTFバトルです

CTF経験3時間の僕がどこまで戦えるのかめちゃくちゃ不安でしたができることはやろうと意気込んで問題を解き始めたのもつかの間…

 

 

 

 

ーモ…

 

 

 

 

 

 

 

「ん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

……ゥモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「んん???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっスーモ‼️ダン💥ダン💥ダン💥シャーン🎶スモスモ🌚スモスモ🌝スモスモ🌚ス〜〜〜モ⤴️スモスモ🌝スモスモ🌚スモスモ🌝ス〜〜〜モ⤵️スモスモ🌚スモスモ🌝スモスモ🌚ス~~~モ⤴️スモスモ🌝スモスモ🌚スモスモ🌝ス〜〜〜モ⤵️

 

 

 

 

 

 

 

え?なに!?

 

 

 

 

 

割とでかい音量でスーモが流れ始めました(それまではずっとEDMが流れていました)

 

 

 

これはCTFではある意味常識らしくて、運営からのささやかな妨害行為が恒例となっているそうです

 

 

 

 

 

僕「いや全然妨害になってないんですがそれは…」

 

 

 

 

 

正直スーモは微塵も気にならなかったので終始集中してCTFに取り組めました、あ、でも所々となりのラボメンが「死にてぇ…」って言ってたのは妨害でした

 

 

 

 

 

割とスーモに妨害されたという人もいたらしく「スーモが効くか否か」で結果が分かれ出すという怒涛のスタート、果たして僕はどこまで差をつけられるのか!

 

 

 

 

 

 

1.5時間の競技時間が終わり(競技内容は他の人の参加記とかwrite up読んでください)ついに結果発表、スーモに惑わされることもなく順調に解き終えた僕の順位は…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30/40位(だいたい)

 

 

 

 

 

 

は?なんこのスコア…あほくさ…

 

1位の人が1700点に対して僕は500点と結果は惨敗、ていうか同じ土俵に立ってない結果に

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903234511j:image

 

 

 

 

まぁ当然っちゃ当然ですが…

 

ところで一緒に来ていた後輩(なんとかくん) @ct_42 にスコアを聞いてやろうと意気揚々と近づいて質問しました

 

 

 

 

 

 

僕「ようなんとかぁお前何点だった?まぁB1だから低くても落ち込むなって、お前にはまだ3年間」

 

 

なんとかくん「900です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180903234903j:image

 

 

 

 

 

CTFが終わった後には1時間の交流会がありました、CTF4Bに参加したみんなと交流してツイッターで相互になろうみたいなノリのアレでした

 

 

 

 

ガチコミュ症ハイパーインキャイエスが唯一愛さなかった子

の僕は当然誰と交流するでもなくラボメンと一緒に「あそこの東大生に話しかけられたら俺ら蒸発して死ぬなぁ!HA!HA!HA!」とか言ってたらイケメン高身長スタイル抜群トーク力∞東大生に話しかけられて(話しかけていただき)蒸発しました

 

 

 

 

その時の僕の様子はこちら↓

 

 

 

 

広島市立大学の恥では???????

 

 

 

 

 

みなさん名刺交換をされてたんですけど当然僕は名刺なんて持ってないのでアイカツカードのマイキャラカードを交換していました

 

 

 

 

f:id:koumei88888888:20180904000033j:image

 

 

 

 

この時点でCTF参加者の僕に対する警戒心は最高潮に達しました

 

 

 

 

 

片付けも済んで「ぼくそらジローアイカツが好きなんだー」とか言いながらエレベーターに乗ったら一緒に乗ってた人がクスクス笑ってたので「なにわろとんねん」と初対面にあるまじき社会不適合者のそれの挨拶をしたらなんとその方は講義中に僕をフォローしてくれた同志社大学の方でした

 

 

 

 

その後エレベーターが一緒だったとかいう理由だけで僕とラボメンと後輩と同志社とたまたま一緒にいたはいひるさんはいひるにマシュマロを投げる | マシュマロ (完全初対面)と一緒にお好み焼きを食べに行きました

 

 

 

 

 

 

 

ほんと失礼しました…(ほんとに失礼)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島市立大学のみなさんすみません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総評

・CTFほぼ未経験でもとても楽しかったです

・CTFを続けたいと思いましたCTF4B最高!

・今まで beginnerを biginnerと書いていたことに気づけたのでとても勉強になりました

・みなさん本当にありがとうございました

・申し訳ないのでブロ解してほしい

 

 

おわり