コウメイぶろぐっ!

頭わるいこと言います

仮想通貨入門

 

前置き


この記事は、仮想通貨研究会に興味を持って下さった方に手っ取り早く概要をお伝えするためのものです。

 

まず初心者の方が勘違いしやすいのが仮想通貨=ビットコインと勘違いしているということです。

 仮想通貨とはビットコインとそれ以外のコイン(アルトコインと言います)の総称です。

 

そしてもう一つ勘違いしがちなのがビットコインを円で買ってビットコインを売ることが仮想通貨取引だと思っているということです。まぁ最終的にはそうなんだけど基本、仮想通貨取引はアルトコインを買うことが多いです。

 

あとビットフライヤーはクソなのでビットフライヤー有能みたいな勘違いも捨ててください。

以下ビットコインをBTCと略します。

 

 

仮想通貨取引するには何がいるか


・金

・口座

・国内取引所

・海外取引所

上から説明します。

 

◇金

みなさん「いくらあれば投資できるの?」と疑問に思っていると思いますが別にいくらからでもいいです。でも感覚的には最低1万円くらいは欲しいですね、詳しい金額の話や買い方の話は後述します。

 

◇口座

取引所に入金するために自分の口座が要ります。本人名義で入金しないと入金が反映されず、組み戻し(間違えて送金してしまったお金を口座に戻す申請)に10日間とかかかります、かかった。

 

◇国内取引所

BTCを買うために必要です。アルトコインは基本的にBTCで買う(BTC建てと言います)ため、国内取引所が必要になります。

 

◇海外取引所

基本的にアルトコインは海外取引所でBTC建てで買うので海外取引所が必要になります。 

 

 

仮想通貨取引とはなにか


仮想通貨取引とはビットコインを集めるゲームです。

以下に仮想通貨取引のオーソドックスな手順を示します。

 

①国内取引所に入金する

②国内取引所でBTCを買う・・・BTCは安く買えるほど利益が大きくなります

③BTCを海外取引所に送金する

④海外取引所でアルトコインを買う・・・アルトコインを安い時に買って高い時に売ることでBTCを増やします

⑤BTCを増やし国内取引所に送金する

⑥円に換える・・・この時のBTCの価格が高いほど利益が大きくなります

 

 

おすすめの取引所


 取引所に求めることは大きく以下の5つです。

・手数料の安さ

・スプレッドの小ささ

・送金の速さ

・エラーの多さ

・問い合わせの対応

上から説明します。

 

◇手数料

仮想通貨は売買や送金の度にいちいち手数料が発生します。この手数料がなかなかバカにならなくてほんの少しの利益は手数料を差し引いてマイナスになることもザラにあります。通貨の銘柄によって手数料が違ったりするので慎重に吟味しましょう。

 

◇スプレッド

まず取引所と販売所の違いを理解してもらいます

 

取引所とは人対人の通貨のやり取りです。

具体的にいうと何の銘柄の通貨を何円(何BTC)で何枚売る買うということを全て自分で決めて注文を入れ、取引所を利用している不特定多数の相手と上記の条件が合致すれば売買が成立します。実際のところはなるべく安い価格で購入したい、なるべく高い価格で売りたいという心理が働き売買される値段が安定します。

現在の価格より低い値段で注文を入れておき、(運よく?)購入が成立した後、現在の価格より高い値段で注文を入れ(運よく?)売却が成立することで利益を狙う注文方法を指値注文と言います。

 

さて、販売所とは人対取引所の通貨のやり取りです。だいたいの国内取引所は販売所も併設しています。

販売所では取引所が提示した購入価格で通貨を購入し提示された売却価格で通貨を売却します。この時の購入価格と売却価格の差をスプレッドといい、この差が大きいほど利益を出すことが難しくなります。実際、スプレッドが大きい販売所は使う意味皆無です。

 

◇送金の速さ

送金の速さはとにかく取引所と銘柄に依存します。早い時は5分、遅いと5日とかかかるので送金が早い取引所、銘柄のリサーチは必須中の必須であり「着金されない!機会損失だ!」なんて嘆くのはお門違いである。集団訴訟((笑)))

 

◇エラー

よくあるのが無告知メンテ、鯖落ち

暴落中に鯖落ちしてロスカ(=ロストカット損切り 買ったはいいけど価格が下がったので被害を抑えるべく売却すること)できないとかなったら悲惨

 

◇問い合わせ

問い合わせに対応しないところはまじでしない、Twitterの凍結解除くらい対応しない

 

以上を踏まえ、国内取引所だとcoincheckがおすすめです。

(追記 コインチェック…NEMが…管理体制が…)

coincheckは国内取引所でありながら比較的アルトコインの取り扱いが多くスプレッドもそこまで大きくないです。しかしcoincheckは運転免許証かパスポートがないと開設できません。

逆におすすめできないのはbitflyerです。(以下のURL参照)

http://blog.hatena.ne.jp/koumei88888888/koumei88888888.hatenablog.com/edit?entry=8599973812326128728

 

海外取引所はなるべく多く開設しておくことをおススメします。

海外取引所は国内とは比べ物にならないほどアルトコインの取り扱いが多くメアドで簡単に登録できるからです。ただしハッキング等の脅威には比較的弱いです。

とりあえずのおススメはBinanceやKucoinです。

 

 

投資の方針


 さてここまで読めばとりあえずは仮想通貨取引ができるようになっていると思います。(送金の仕方とかはggって)

しかしやはり投資の指針がないと賭けにくいので一般的な方針を記しておきます。

投資対象としての仮想通貨は大きく3つに分けることができます。

 

1. 王

2. 中堅のアルトコイン

3. 草コイン

 

1の王とはBTCのことです。王の動きはあらゆるコインに影響を及ぼします、ので王の動向は常に把握しておく必要があります。

BTCに円建てで投資するのも悪くないと思いますが2019/1/11現在でBTCの動きはせいぜい1枚150万円から200万円ほどで最安値で購入し最高値で売ったとしても1.25倍にしかならないのでとても固い投資と言えます。

とりあえず仮想通貨取引がどんなものか知りたいという人はチュートリアルだと思って円建てでBTCの取引をおススメします。

 

2の中堅アルトコインとはETH(イーサ)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)などの1枚で数千円から数十万円する通貨のことです。こちらも値動きが草コインに比べて小さくローリスクローリターンと言われています。故に大きく投資するならこの層だと言えます。草コインで大きく稼いだ人が安定性を求めてこの層に多額の金を投資します。

 

3の草コインとは蔑称です。吹けば飛ぶような価格しかないコイン達のことを指し、BTCの最小単位である1satoshi(=10^(-8))~数円です。価格が低いので10倍、100倍と大きく高騰する可能性があり億り人(億万長者)を目指すならこの層への投資となります。ハイリスクハイリターンでも構わない人向けです。

 

 

仮想通貨取引で儲かる為に


 そろそろ「つべこべ言わずに儲かる方法だけ教えろ」という声が聞こえてくるので経験論から申します。

・sin波のように上がって下がってを繰り返している通貨に指値注文を入れる

・ガチホ

アービトラージ(アビトラ)

・草コインに分散投資

 

指値注文は前述したので省略します。

 

ガチホとはガチホールドの略で、ある通貨を高値掴み(高い値段で買ってしまう)してしまってもまた高騰するまで持ち続けることです(握力が強いともいう)

仮想通貨で損をする時の王道パターンで狼狽売り、つまり焦ってロスカしてしまうことが挙げられます。仮想通貨は良い銘柄を買ってホールドする、これが基本中の基本です。投資目的だけの通貨は必ずいつか暴落し大損を招きます。短期売買なら構いませんが必ずまた高騰すると確信を持てるような銘柄をリサーチし、選び、的確なタイミングで売るということを忘れないでください。

 

アービトラージとは取引所Aで通貨を安く買い、その通貨を売却価格が高い取引所Bに送金し売ることで利益を得る方法です。アビトラの為に取引所を多く開設しておく必要があるとも言えます(国内外問わず)

 

草コインに分散投資とは文字通り色々な草コインに少額賭けてハイリターンを狙う賭け方です。

 

 

専門用語


 ・FIAT

法定通貨のこと

・寝ロング

指値入れて寝ること

・ショート

空売りのこと

・イケハヤ砲

仮想通貨界隈の重鎮イケダハヤトが通貨を推すことで価格が上昇する現象

・買い増し

既に買っている通貨の価格が低くなったところでさらに買うこと

・ロードマップ

通貨の方針を示した発表

ブロックチェーン

仮想通貨たらしめる仕組み、詳しくはggって

・マイニング

ブロックチェーンを構築し報酬を得ること、詳しくはggって

・JPYマイニング

労働のこと

・moon

急高騰すること

ホワイトリスト

詐欺ではないと認められたコイン

・SCAM

詐欺コイン、創設者が儲ける為だけに作られた通貨

・ナカモトサトシ

ブロックチェーンの提案者、つまり仮想通貨の原案を考えた人